イベントスペースとしての食堂

吉田寮の食堂は、1986年に炊フの配置転換が行われ、給食機能を失いました。

現在ではイベントスペースとして活用されています。

例)

劇団ケッペキ 12月公演「わが星」(2017年12月23-24日)

京都学生演劇祭(2016年、2017年)

丹後もちフェス(2018年1月21日)

吉田寮祭(ライブ、演劇など)

などなど...

この食堂の運営は、食堂を使用する当事者たちが行なっています。

厨房は調理スペースとしてだけではなく、

ドラム、アンプなどが設置されたバンドの練習スペースとしても使われています。

音楽や演劇などの表現活動にこれほど身近で触れられる寮は、

​なかなか稀有な場所だと思います。

食堂がこのようなイベントスペースに変わっていったことには、長い歴史があります。

前:学部・研究科の垣根をこえて

​次:吉田寮のイベント